お歳暮のマナーとお礼状について

投稿者:

お歳暮はその年一年お世話になった人への感謝の気持ちを表す大事な贈り物です。会社の上司や目上の人、ご近所や親類などにもお世話になる人はたくさんいます。最近では友人や会社の同僚などにも贈る人は増えていて、クリスマスやバレンタインのような気軽さで贈る人も増えています。一般的にお歳暮を贈る時期は12月初旬から後半とされています。

贈る時期をはずさないように配慮することが大事になります。贈る商品は相手に示す気持ちになるので、高過ぎず安過ぎず、百貨店や専門店などで人気商品をヒントにしながら、相手が好みそうなものを選ぶのがコツになります。時期も近いことから、数の子や塩鮭などのお正月や年越しにも使える食材などが主流になっています。その他にもハムや生鮮食品に産地直送の特産品などが人気になっています。

商品券やカタログギフトといった贈られた側が自由に選べるものの人気も高くなっています。お世話になっている親密さの違いから、贈る相手により商品も変わってきますので、自分にも負担がかからず、相手にも気を使わせない範囲内での予算を立てることが大切です。お歳暮は贈るばかりではなく、時として送られてくる場合もあります。お歳暮をもらった場合にお礼の気持ちを表すことは非常に重要なことです。

きちんと受け取った報告も兼ねて、お礼状は丁寧な文章を心がけて書く必要があります。品物に対する感謝と、相手の心遣いに対する感謝の気持ちを忘れずに書くことが大事です。相手が男性の場合、奥様へもよろしくお伝えくださいなどの言葉を添えると、さらに気持ちが伝わるはずです。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です