喜ばれるお歳暮について

投稿者:

お歳暮を贈る習慣は廃れてきてはいますが、上司やお世話になった方への感謝の気持ちを伝える方法としては有効で、お金に余裕があるのであれば、ぜひともお歳暮を贈ることが望ましいといえます。何を贈ればよいのか、という点も悩ましいところですが、受け取った相手が喜ぶものを贈るというのが基本であろうと思います。お歳暮の定番というとサラダ油などですが、それほど使う量や機会も多くなくなってきているというのが実情ですので、よほど料理が好き、などの情報を持っていない場合は避けた方が無難だといえます。同じようにビールなどのアルコール類も相手がお酒好きでない場合は避けるべきです。

最近喜ばれるのがカタログギフトを贈るという方法です。カタログギフトは贈り主が贈り物を選ぶのではなく、受け取り主がカタログのなかから自分のほしい商品を選び、注文して受け取るという新しい形態のギフトです。贈り手と受け取り手のミスマッチは生じませんし、受け取る側でも商品を選ぶという楽しみを享受でき、非常に良いといえます。ギフトは値段によって選べる商品が変わってきますので、予算に応じてチョイスできるのも助かるところです。

こういったカタログギフトは結婚式のお返し、お葬式の香典のお返しなどでも使われることが増え、少しずつ知名度を上げてきているところです。今後も使用されるケースが多くなることが予想され、選べる商品のラインアップも充実してきています。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です